風力発電の情報をお届けします。

風力発電のデメリットと失敗事例

前のページへ戻る

投資に悩む人

風力発電とは?

風力発電は風の力を利用した発電方式のことです。
風力エネルギーは再生可能エネルギーのひとつであり様々な場所で発電所や装置が設置されています。地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出せずに発電できたり大気汚染の原因となる酸化物を排出しないなど自然環境にも優しいです。風のある場所に設置しておくことによって24時間発電することができ再生可能エネルギーを使用しているため外部からの影響も受けにくいです。また冷却水を必要としないことも大きなメリットになります。

風力発電のデメリットの問題

このようにメリットが多い風力発電ですがデメリットも数多く存在し事故や故障による失敗事例の報道を目にすることがあります。発電機が計画通りに動いてくれることができていれば良いのですが落雷や地震により発電機が故障することがあります。そうすると風車が止まってしまい修理を行うまで電力を使用できなくなってしまいます。また落雷した際に風車の羽根が折れてしまった場合には交換用の羽根が届くまでに数か月ほどかかってしまうこともあります。故障をしなくても一度建てた風車はメンテナンスが必要になりますので維持費用が常にかかってきます。

その他にも風車から低周波音や機械音が発生してしまい騒音問題に発展してしまう可能性もあるので設置場所を考えなければなりません。設置場所によって騒音が原因で人への健康被害の影響が発生してしまった例もあります。

さらに風力発電は日本の気候にあまり合っておらず不向きともいえます。常に一定の良い風が吹かないため安定した発電が行えずコストパフォーマンスがあまり良いとは言えないでしょう。また自然に優しいメリットがあるですが大きな風車は動物から見てみると脅威になっていることも問題になっています。実際に風車に激突し鳥類が死亡した事故が多くあるため自然との共存について考えなおす必要もあります。

日本の風力発電を考える

風力発電向きであるといえるヨーロッパは平原の割合が高く風車を置くための広大なスペースと偏西風といった一定の風力が保証されているのでメリットが多く人々にとって良い影響をもたらしてくれるものになりますが、日本での風車の必要性を失敗事例を元にしっかりと考えなければいけません。海上に建設されている洋上風力発電もあるのですが建設コストやメンテナンス費用、大きく変動する風況データの収集など様々な問題が生じてくるので現実的に海上に風車を増やしていくことができるのはまだ先になるでしょう。